新宿での公開終了いたしました

7/20(金) 新宿 k's cinema での公開がついに終了いたしました 1週間という期間ではありましたが、たくさんのお客様にご来場いただきまして、誠にありがとうございました!


最終日舞台挨拶には、熊本出身の芋生悠さんが、色鮮やかな浴衣姿で登壇され、会場に華を添えました。 トークでは、監督から受けた演出についてや、芋生さんの故郷・熊本で撮影した感想、共演した俳優さんとの裏話など、お二人による濃いお話が盛りだくさんでした。

また、来場予定だった、母親役の藤本喜久子さんから急遽届いたメッセージも読み上げられ、藤本さんの作品への思いに高橋監督も感激していました。

最後に、高橋監督が「これで終了ではなくここからが始まり」という挨拶で締められ、ひとまず新宿での公開は幕を下ろすこととなりました。


1週間という短い期間ではありましたが、猛暑のなか劇場にお越しいただいたみなさま、応援くださったみなさまに感謝いたします。

誠にありがとうございました!



124回の閲覧

最新記事

すべて表示

映文連アワード2018 優秀企画賞を受賞

公益社団法人 映像文化製作者連盟が主催する「‪映文連アワード2018」にて、『このまちで暮らせば』が‬優秀企画賞を受賞しました。 「映文連アワード」は、「プロフェッショナルが選ぶ、プロフェッショナルの仕事にふさわしい作品」を積極的に発掘・顕彰することによって、短編映像業界の活性化を図るとともに、次世代を担う新しい才能を発掘し、映像業界のインキュベータとしての機能も担うことを目的として、2007年に

映画『このまちで暮らせば』公式サイト|家族の優しさが心に沁みる映画​​

© 2018 熊本県阿蘇郡南小国町/ラントウィット